2010年06月18日

インプラントの利点

烏丸おいけ歯科クリニック 院長の土谷裕男です
http://www.karasumaoike-dental.jp/


先日烏丸御池のパスタコレクションハウス 道月に行ってきました

ランチですが1500円程で前菜、パスタ2種類、デザート、紅茶までついてきます。
町屋を改造した建物でとてもよかったです手(チョキ)わーい(嬉しい顔)


201006131223000.jpg


201006131224000.jpg


さて先日はぴたっとあう入れ歯を求め、やみくもに自費の入れ歯(高いお金を払って)と決めつけず、ぜひ一度僕にご相談してほしく思い記事を書かせていただきました



保険の入れ歯は「痛い」「噛めない」「外れやすい」もの、──。
そう思い込んでいませんか?


いえいえそんな事はありません!



保険の入れ歯であっても、場合によっては、きちんと作れば自費並みの入れ歯を作る事ができるという事をまず知ってほしいと思います



ただ、どんな素晴らしい入れ歯であってもやはり、天然の歯にかなうものはございません


その天然の歯に限りなく近いインプラント!


僕はむやみやたらに自費治療をすすめたくはないと思っています



もちろん患者様のご希望が第一優先ですが、保険治療であっても自費治療と変わらず十分であると判断した場合には、保険治療をご提案したいと思います



常に患者様の利益を一番に考えた治療法をご提案し、患者様に喜ばれる歯科医でありたいと思います



ですがインプラントに関しては、自費治療にはなりますが、歯を失った方へは多くの利点がある為歯科医の立場からするとぜひおすすめしたい治療法です



インプランは40年程前にスウェーデンで開発された技術で、30年程前から日本でも行われるようになりました。


またこの10年で様々な技術が開発・改良され治療法が飛躍的に進歩したことによって、歯を失ってしまった場合の治療法の第一選択として確立されました。


ですから、怖いとの先入観で治療法の選択肢からはずさずぜひ、ご相談下さい


無料相談も行っております
※レントゲンをご希望の方は保険証をご持参いただければ3割負担の方で1800円程、1割負担の方で600円程でより詳しくご説明させていただきます



最後までお読み頂きありがとうございました

烏丸おいけ歯科クリニック 院長 土谷裕男
http://www.karasumaoike-dental.jp/
posted by 烏丸おいけ歯科クリニック at 23:49| 京都 ☔| インプラント | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

保険の入れ歯で自費並みの入れ歯を!

karasuma-mein.jpg

烏丸おいけ歯科クリニック 院長の土谷裕男ですわーい(嬉しい顔)
http://www.karasumaoike-dental.jp/index.html


日曜日に北山にあるカフェ ドジ (CAFE Doji)に行ってきました


201006061844000.jpg

201006061842000.jpg


緑も一杯のカフェでリフレッシュできましたわーい(嬉しい顔)


さて今日は前回の続きの入れ歯についてお話します


ここだけの話ですが目
保険の入れ歯は歯科医院経営という意味で言えば儲けがほとんどない治療なんです


またちゃんとしたものを作ろうと思えば思うほど
(つまり良い入れ歯を作ろうと思えば、必然的に良い歯科技工所に費用を考えず出したくなります)


僕ももっと安い歯科技工所はあるのはあるのだけれども、やはり患者様によりよい入れ歯を提供したいと思うと、採算を度外視しても上手い歯科技工所にだしてしまいます。



今までにこんな事を言われた事はないですか?耳


保険の入れ歯は材料に制約がありどうしても限界があるが
自費の入れ歯ならぴたっとした入れ歯が作れます!

または

「最初は誰でも痛いですが、そのうち慣れてきて、痛くなくなります。それまでがまんしてください」もうやだ〜(悲しい顔)


その結果、保険の入れ歯は「痛い」「噛めない」「外れやすい」もの、──。そう思い込んでいませんか?もうやだ〜(悲しい顔)


そんな事はございません目


保険の入れ歯であっても、場合によっては、きちんと作れば自費並みの入れ歯を作る事ができるのです手(チョキ)


保険の入れ歯は利益が全くでない、むしろ場合によっては赤字になる事さえある治療の為、多くの歯科医院において自費の入れ歯をおすすめしたくなるものです。



僕だって内心自費の入れ歯をいれていただければとても嬉しいです


でも僕は、患者様の利益を一番に考え、真に喜ばれる歯科医療を提供する事で信頼関係を築いて行きたいと思っています


その為、むやみやたらと自費治療をすすめる事はしたくありません


保険の入れ歯であっても自費並みの入れ歯を提供できるケースにおいては患者様の利益を一番に考えた治療を行いたいと思っていますわーい(嬉しい顔)


もちろん、場合によっては自費の入れ歯が保険の入れ歯と比べ付け心地等で、優れている場合もあり、全てのケースにおいて保険の入れ歯で自費並みの入れ歯をお作りしますとは言えません


その場合も患者様に自費治療のメリットをわかりやすくご説明し、患者様が納得した上でご自身で治療法を選択頂くようにしたいと思います



なので、ぴたっとあう入れ歯を求め、やみくもに自費の入れ歯(高いお金を払って)と決めつけず、まずは当院にご相談下さいませ耳



最適な治療法をご提案したいと思います手(チョキ)



※今回は保険の入れ歯でも自費並の入れ歯ができるんだって事を皆様にわかってもらいたくて書かせていただきましたわーい(嬉しい顔)


しかしどんなに最高の入れ歯をつくっても、やはり入れ歯には咬む力等限界があります


歯科医の立場から考えれば、元の歯に代わるものとしてインプラントに勝るものはないと考えております


なので次回はインプラントについてお話したいと思います


最後までお読み頂きありがとうございましたわーい(嬉しい顔)


烏丸おいけ歯科クリニック 院長 土谷裕男
http://www.karasumaoike-dental.jp/index.html
posted by 烏丸おいけ歯科クリニック at 08:21| 京都 ☁| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。